中国学園大学 令和4年度(2022年度) シラバス
授業科目名情報処理演習II サブタイトル(表計算) 授業番号NC103
担当教員名赤木 竜也  
対象学部・学科現代生活学部 人間栄養学科  単位数1単位 
開講年次1年 開講期後期 
必修・選択選択 授業形態演習 
【授業の概要】
情報社会における様々な情報を扱う上で今や必須となったコンピュータ。本講義では高等学校で必修となった普通教科情報を踏まえ,情報リテラシーの中でも特に学生が苦手である表計算ソフトの基本的かつ応用的な操作方法について学修する。
【到達目標】
情報の分析・加工・発信能力をさらに高めるために,表計算ソフトの基礎的技術を学び,情報に応じて適切な表・グラフの作成および分析ができるようになることを目的とする。
なお,本科目はディプロマポリシーに掲げた学士力の内容のうち,<技能>の修得に貢献する。
【授業計画】
第1回:情報処理とコンピュータの関わり
第2回:表計算ソフトの基礎知識(表の作成から印刷・保存)
第3回:表計算ソフトの基礎知識(グラフの作成)
第4回:ワークシートの活用(1) (表の編集機能および書式設定)
第5回:ワークシートの活用(2) (罫線と表のスタイル)
第6回:ワークシートの活用(3) (絶対参照と相対参照,属性および表示形式)
第7回:ワークシートの活用(4) (基本的な関数)
第8回:ワークシートの活用(5) (基本的な関数および条件付き書式)
第9回:グラフ(1) (基本的なグラフ)
第10回:グラフ(2) (基本的なグラフ)
第11回:グラフ(3) (応用的なグラフ)
第12回:データベース
第13回:Excelの応用(1) (応用的な関数)
第14回:Excelの応用(2) (データベース関数)
第15回:総合演習・まとめ
評価の方法 種別 割合 評価規準・その他備考
授業への取り組みの姿勢/態度 20% 課題への取り組みおよび到達度を評価する。
レポート
小テスト
定期試験 70% 習熟達成度を評価する。
その他 10% 授業中出題する演習問題について評価する。
自由記載
【受講の心得】
コンピュータを用いた実習を適宜行うため,遅刻・欠席は厳禁である。やむを得ず欠席(公欠を含む)する場合は,必ず放課後等を利用し学修しておくこと。
【授業外学修】
授業時間の都合上,テキストに掲載されているすべての演習問題を授業中にすることが困難なため,授業中出題されなかった他の演習問題を事後学修として4時間以上その都度取り組み,理解度を深めておくこと。
使用テキスト 書名 著者・編集者 出版社 定価 ISBN
30時間でマスターExcel2019(Windows10対応) 実教出版企画開発部 実教出版 1045 978-4-407-34837-8
自由記載
参考書 自由記載
【担当教員の実務経験の有無】
【担当教員の実務経験】
公立高等学校公民・商業・情報科講師,IT講習会講師
【担当教員以外で指導に関わる実務経験者の有無】
【実務経験をいかした教育内容】
高等学校で情報科(普通教科情報・専門教科情報)等を担当した経験を踏まえ,情報リテラシーのスキルアップを目指した知識・技術を指導する。