中国学園大学 令和4年度(2022年度) シラバス
授業科目名韓国語 サブタイトル韓国語の基礎を学ぶ 授業番号ND204
担当教員名宋 娘沃  
対象学部・学科現代生活学部 人間栄養学科  単位数2単位 
開講年次2年 開講期後期 
必修・選択選択 授業形態演習 
【授業の概要】
韓国での冬季オリンピック開催以降,韓国の映画,エンターテインメントなどの文化や社会生活が世界から注目され,韓国への関心が一層高まっている。こうした関心は韓国語の修得につながり,韓国語はどのような仕組みで作られているのか。韓国語と日本語は文法が類似していると同時に,言葉にとって大切な語順がほとんど一致している。本講義は,前半では韓国語学習を習い始める初歩の段階としてハングルの基礎から始まり,韓国語のごく短い文の読み書き,聞き取りを学習する。後半では日常会話として自己紹介,挨拶の言葉,韓国旅行のための簡単な会話など,基礎的なやり取りの実践的な力を身につける。また,韓国の若者の意識,エンターテイメント,日常生活や社会への理解を深めていくために,ビデオ鑑賞を行う。
【到達目標】
・韓国語の言葉や文法を習得することができる。
・韓国語の挨拶や簡単な会話ができるようになる。
・簡単な韓国語が書けることができる。
 なお,本科目はディプロマポリシーに掲げた学士力の内容のうち,<知識・理解><技能>の修得に貢献する。
【授業計画】
第1回:韓国語とは
第2回:文字と発音・母音
第3回:文字と発音・子音
第4回:激音と農音,パッチム
第5回:助詞,動詞
第6回:基本文型過去形の作り方
第7回:感嘆文,疑問文
第8回:基本文型指示代名詞,助数詞
第9回:用語の丁寧形,尊敬形
第10回:会話練習,表現
第11回:挨拶,訪問の言葉
第12回:韓国の大学
第13回:韓国の食生活と食べ物
第14回:韓国の文化と音楽
第15回:韓国の若者と社会生活
評価の方法 種別 割合 評価規準・その他備考
授業への取り組みの姿勢/態度 20% 授業への意欲,質問,宿題を積極的に行っていたかを評価する。
レポート
小テスト 40% 授業の中間時点でどの程度理解しているのかを点検する。
定期試験 40% 授業全体の理解度や言葉の習得ができているのかを評価する。
その他
自由記載
【受講の心得】
・韓国語の単語や短文の宿題を真面目に行うこと。
・韓国に関するニュースや興味ある記事に目を通して積極的に取り組むこと。
【授業外学修】
・予習として,教科書の授業内容に相当する部分を前もって読み,疑問点をチェックして来ること。
・復習として,毎回の課題をノートに書いて来ること。
・韓国語の教科書のCDを聞くようにして,言葉に慣れること。
以上の内容を週当たり4時間以上学修すること。
使用テキスト 書名 著者・編集者 出版社 定価 ISBN
はじめての韓国語 李昌圭 ナツメ社 1600円 978-4-8163-5558-5
自由記載
参考書 自由記載
【備考】
令和2年度改正
【担当教員の実務経験の有無】
【担当教員の実務経験】
専門学校講師
【担当教員以外で指導に関わる実務経験者の有無】
【実務経験をいかした教育内容】
専門学校での経験を生かして,教育現場での実務の学習指導,学生指導について力を発揮する。