中国学園大学 令和4年度(2022年度) シラバス
授業科目名細胞生理化学実験 サブタイトル 授業番号NK104
担当教員名真鍋 芳江  
対象学部・学科現代生活学部 人間栄養学科  単位数1単位 
開講年次1年 開講期後期 
必修・選択必修 授業形態実験 
【授業の概要】
人体の組織観察,手羽先の解剖を通して,器官,組織の構成と,それぞれのつながりを理解することで,人体の構造を理解する。浸透圧,たんぱく質,糖質の実験をとおして細胞で行われる反応を理解する。これらの基礎的な実験を行うことで,「解剖生理学実験」,「生化学実験」を行う上での知識と実験技術を習得する。
【到達目標】
器官,組織,細胞レベルでの構造と構成,それぞれのつながりが視覚的に理解できるとともに,身体で起こる反応の一つ一つが細胞内での反応であることを理解する。
本実験を通して実験を行う上での基礎知識と技術を習得し,次年度以降に開講される解剖生理学実験,生化学実験において習得した知識と技術が生かされるようになる。
なお,本科目はディプロマポリシーに掲げた学士力の内容のうち,<知識・理解><思考・問題解決能力><技能>の修得に貢献する。
【授業計画】
第 1・2 回 顕微鏡の使用方法
第 3・4 回 動物細胞と植物細胞の観察
第 5・6 回 細胞の観察と顕微鏡での計測
第 7・8 回 動物の体制-手羽先の解剖
第 9・10回 組織観察-支持組織,筋組織
第11・12回 たんぱく質の定性反応-凝固沈殿反応
第13・14回 糖質の定性反応-糖質共通の反応
第 15 回 まとめ
評価の方法 種別 割合 評価規準・その他備考
授業への取り組みの姿勢/態度 30% 積極的な実験に関わる態度によって評価する。
レポート 70% 理解度をレポートで評価する。
小テスト
定期試験
その他
自由記載
【受講の心得】
実験は実際に行って初めて修得できる科目である。正当な理由なしで実験を欠席した者は単位を取得できない。やむを得ない欠席や遅刻の場合は,後日自ら実際に実験すること。
【授業外学修】
時間外学修をとおして,実験で修得した内容を体系的に理解しておくことが重要である。
使用テキスト 自由記載 人間栄養学科編「細胞生理化学実験テキスト」を配布する
参考書 書名 著者・編集者 出版社 定価 ISBN
三訂版 視覚でとらえるフォトサイエンス生物図録 鈴木孝仁 監修 数研出版 1,130円+税 978-4-410-28166-2
三訂版 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録 数研出版編集部 編 数研出版 1,100円+税 978-4-410-27386-5
自由記載 「栄養生理・生化学実験」 近藤義和ほか 編 朝倉書店 「生化学実験」 林淳三 編 建帛社
【担当教員の実務経験の有無】
【担当教員以外で指導に関わる実務経験者の有無】