中国学園大学 令和4年度(2022年度) シラバス
授業科目名病理学 サブタイトル 授業番号NK309
担当教員名赤木 收二  
対象学部・学科現代生活学部 人間栄養学科  単位数2単位 
開講年次3年 開講期前期 
必修・選択必修 授業形態講義 
【授業の概要】
 傷病者の療養における栄養指導を行うために大切な「疾患のなりたち」を理解する上で必要となる病理学の基礎的事項をまず説明する。,さらに,チーム医療の一員としての職務を行う上で重要な診断・治療の概要についても説明する。また,各種栄養素の代謝障害によってもたらされる疾患・病態についても,病理学的事項を踏まえつつ解説する。
【到達目標】
1.疾患のもたらす病理学的変化の概要について説明できる。
2.疾患に対する診断法および治療法の概要について説明できる。
3.各種栄養素の代謝障害による疾病の病態生理について,その概要を説明できる。
4.専門的な医学用語の意味を理解し,適切に使用できる。
なお,本科目はディプロマポリシーに掲げた学士力の内容のうち,<知識・理解>の修得に貢献する。
【授業計画】
第1回:加齢による細胞・組織の変化(老化と個体の死) 教科書該当箇所 p1-p6
第2回:疾患による細胞・組織の変化1 (細胞障害,細胞の死) 教科書該当箇所 p.6-p10
第3回:疾患による細胞・組織の変化2 (炎症・創傷治癒,循環障害) 教科書該当箇所 p.10-p14,
第4回:p.133-p136疾患による細胞・組織の変化3 (再生・腫瘍,遺伝子異常) 教科書該当箇所 p.14-p18
第5回:疾患診断の概要1(一般的診察・医療面接,全身状態の評価) 教科書該当箇所 p.22-p23
第6回:疾患診断の概要2(主な症候) 教科書該当箇所 p.23-p39
第7回:臨床検査の基本(種類と特性・基準値・一般臨床検査) 教科書該当箇所 p.39-p40
第8回:臨床検査の概要1(血液学検査・生化学検査・腫瘍マーカー) 教科書該当箇所 p.40-p46
第9回:臨床検査の概要2(免疫検査・微生物検査・生体機能検査,画像診断) 教科書該当箇所 p.46-p51
第10回:疾患治療の概要1(治療計画と治療評価の方法・各種治療法の概略) 教科書該当箇所 p.54-p64
第11回:疾患治療の概要2(周術期移植・再生医療・終末期患者等の治療) 教科書該当箇所 p.64-p70
第12回:栄養障害と代謝疾患1 (飢餓・PEM・悪液質等) 教科書該当箇所 p.72-p76
第13回:栄養障害と代謝疾患2 (肥満と代謝疾患:メタボリック症候群,糖尿病) 教科書該当箇所 p.81-p92,
第14回:栄養障害と代謝疾患3 (肥満と代謝疾患:脂質異常症・尿酸代謝異常) 教科書該当箇所 p.92-p97
第15回:栄養障害と代謝疾患3 (肥満と代謝疾患:痛風・尿酸代謝異常,先天性代謝異常) 教科書該当箇所 p.98-p105
評価の方法 種別 割合 評価規準・その他備考
授業への取り組みの姿勢/態度
レポート
小テスト
定期試験 100% 最終的な理解度を評価する。
その他
自由記載
【受講の心得】
 本教科は,人体の解剖学,生理学,生化学,基礎栄養学などの基本的な知識を土台にし,疾病を細胞・組織・個体レベルで理解しようとするものである。したがって,2年生までに学んだ関連教科の知識を復習し,身につけておくことが重要である。
【授業外学修】
授業毎に授業計画で示した教科書の該当箇所を通読しておくこと。
本教科の内容を確実に理解するため,上述の予習も含め週当たり4時間以上の学修を要する。
使用テキスト 書名 著者・編集者 出版社 定価 ISBN
臨床医学 靭帯の高嘔吐機能及び疾病の成り立ち 羽生大起・河出久弥編 南江堂 3,100円+税
自由記載
参考書 自由記載
【備考】
令和3年度改訂
【担当教員の実務経験の有無】
【担当教員の実務経験】
総合内科・消化器病・肝臓専門医,臨床栄養指導医等として診療に従事。また,産業医として事業所の産業保健衛生業務に参画。
【担当教員以外で指導に関わる実務経験者の有無】
【実務経験をいかした教育内容】
管理栄養士としての職務遂行上必要となる事項を,より実臨床に即した形で,理解,学修できることに重点を置く。