中国学園大学 令和4年度(2022年度) シラバス
授業科目名臨床栄養学各論I サブタイトル(傷病者の疾病に応じた栄養管理を学ぶI) 授業番号NP302
担当教員名古川 愛子  
対象学部・学科現代生活学部 人間栄養学科  単位数2単位 
開講年次3年 開講期前期 
必修・選択必修 授業形態講義 
【授業の概要】
各種疾患別に病態と栄養生理を把握し,栄養ケア・マネジメントを実践するために必要な項目について学ぶ。疾患の原因や症状に合わせた栄養食事管理の基本や,食品・料理・献立の調整方法について講義する。
【到達目標】
各疾患における栄養食事療法について説明できる。
なお,本科目はディプロマポリシーに掲げた学士力のうち,<知識・理解>の修得に貢献する。
【授業計画】
第1回:糖尿病の栄養食事療法(1)※(担当古川 )
第2回:糖尿病の栄養食事療法(2)※(担当古川 )
第3回:肥満症の栄養食事療法※(担当古川 )
第4回:高尿酸血症の栄養食事療法※(担当古川 )
第5回:脂質異常症の栄養食事療法※(担当古川 )
第6回:高血圧の栄養食事療法※(担当古川 )
第7回:動脈硬化症,虚血性心疾患,心不全,脳血管疾患の栄養食事療法※(担当古川 )
第8回:上部消化肝疾患の栄養食事療法※(担当古川 )
第9回:下部消化肝疾患の栄養食事療法※(担当古川 )
第10回:肝疾患の栄養食事療法(1)※(担当古川 )
第11回:肝疾患の栄養食事療法(2)※(担当古川 )
第12回:膵疾患の栄養食事療法※(担当古川 )
第13回:腎疾患の栄養食事療法(1)※(担当古川 )
第14回:腎疾患の栄養食事療法(2)※(担当古川 )
第15回:腎疾患の栄養食事療法(3)※(担当古川 )
評価の方法 種別 割合 評価規準・その他備考
授業への取り組みの姿勢/態度 20% 積極的な授業態度,予習,復習,質問などにより評価する。
レポート 0%
小テスト 0%
定期試験 80% 最終的な理解度を評価する。
その他
自由記載
【受講の心得】
具体的な栄養管理法を把握するため,事前・事後学習を行う。特別な理由がない限り欠席・遅刻しない。この科目の学習には,人体の構造と機能および疾病の成り立ち(解剖・生化学・病理・医学概論),基礎栄養学を充分理解しておく必要がある。
【授業外学修】
1.授業に用いる教科書および関連資料を次回授業までに読んでおく。
2.授業の最後に,小テストや授業中の記録用紙の提出を指示する。
3.授業に関連した項目についてレポートを作成する。
以上の内容を,週当たり4時間以上学修すること。
使用テキスト 書名 著者・編集者 出版社 定価 ISBN
栄養学イラストレイテッド 臨床栄養学 疾患別編 本田佳子 編 羊土社 2,800円+税 978-4-7581-0883-6
自由記載
参考書 書名 著者・編集者 出版社 定価 ISBN
臨床医学疾病の成り立ち 田中明 他 編 羊土社 2,800円+税 978-4-7581-0870-6
トレーニーガイド 栄養食事療法の実習 本田佳子 編 医歯薬出版 2,700+税 978-4-263-70651-0
自由記載
【担当教員の実務経験の有無】
【担当教員の実務経験】
病院における栄養士,管理栄養士
【担当教員以外で指導に関わる実務経験者の有無】
【実務経験をいかした教育内容】
病院における実務経験を活かし,傷病者の栄養食事療法について講義を行う。