中国学園大学 令和4年度(2022年度) シラバス
授業科目名臨床栄養学実習I サブタイトル(疾病に応じた栄養管理・食事療法を学ぶ) 授業番号NP304
担当教員名古川 愛子  
対象学部・学科現代生活学部 人間栄養学科  単位数1単位 
開講年次3年 開講期前期 
必修・選択必修 授業形態実習 
【授業の概要】
各種病態別に症例をに対し栄養状態の評価・判定を行い,栄養ケアプランを作成する。また,各疾患における集団指導について計画し,模擬指導を行う。
【到達目標】
・臨床検査や臨床診査等の栄養状態のパラメータを理解し,栄養不良のハイリスク者を抽出できる。
・提示された症例について栄養管理に必要な情報収集ができ,その情報から栄養評価と栄養診断を行い,栄養計画を立案できる。
・傷病者に対する集団指導を計画し実行できる。
なお,本科目はディプロマポリシーに掲げた学士力のうち,<思考・問題解決能力><技能>の修得に貢献する。
【授業計画】
1-2回  NPCの理解と実践(1)アセスメントデータの収集と問題点の抽出
3-4回  NPCの理解と実践(2)栄養補給法の選択と必要量の算出,栄養診断と介入計画
5-6回  糖尿病症例のNPC  
7-8回  エネルギーコントロール食の理解,糖尿病交換表の使い方,糖尿病治療食への展開         
9-10回  塩分コントロール食の理解,高血圧症例のNPC,減塩食への展開
11-12回 脂質異常症症例のNPC,糖尿病治療食の修正
13-14回 集団指導の理解と計画立案
15回  集団指導の発表,まとめ
評価の方法 種別 割合 評価規準・その他備考
授業への取り組みの姿勢/態度 20% 意欲的な実習態度によって評価する
レポート 50% 治療食や疾病を理解し,傷病者の臨床診査,検査値等から正しくアセスメントを行っているか,栄養管理計画が立てられているかを評価する。
小テスト
定期試験
その他 30% 模擬集団指導を行い,プレゼンテーションの内容や表現・説明の明確さ,グループ活動への取り組みによって評価する。
自由記載
【受講の心得】
臨床栄養学総論,臨床栄養学各論で学んだ知識が必要である。復習を十分に行い授業に臨むこと。
【授業外学修】
1 予習として各疾患の特徴や食事療法について理解しておくこと
2 復習として授業で学んだ内容について自分の言葉でノートに整理しておくこと
以上の内容を週当たり1時間以上学修すること
使用テキスト 書名 著者・編集者 出版社 定価 ISBN
トレーニーガイド 栄養食事療法の実習 本田佳子 編 医歯薬出版 2700+税 978-4-263-70651-0
糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版 日本糖尿病学会 編 文光堂 900+税
自由記載
参考書 書名 著者・編集者 出版社 定価 ISBN
臨床調理 玉川和子・口羽章子・木地明子 著 医歯薬出版 2400+税 978-4263706527
日本食品成分表 2020年版(七訂) 医歯薬出版編 医歯薬出版 1300 978-4263706770
栄養ケアプロセス用語マニュアル 公益財団法人日本栄養士会 第一出版 3400 978-4804112701
ビジュアル治療食300 宗像伸子 他 編 医歯薬出版株式会社 4800+税 978-4-263-70662-6
カラー版一品料理500選 治療食への展開 宗像伸子 医歯薬出版株式会社 4800+税 978-4-263-70650-3
自由記載
【担当教員の実務経験の有無】
【担当教員の実務経験】
病院における栄養士,管理栄養士
【担当教員以外で指導に関わる実務経験者の有無】
【実務経験をいかした教育内容】
病院における実務経験を活かし,傷病者に対する実践的な栄養食事療法について指導します。