中国学園大学大学院 令和4年度(2022年度) シラバス
授業科目名総合人間栄養学演習 サブタイトル 授業番号GK602
担当教員名赤木 收二  多田 賢代  辻本 美由喜  小野 尚美  古川 愛子  
対象学部・学科現代生活学研究科 人間栄養学専攻  単位数1単位 
開講年次2年 開講期前期 
必修・選択必修 授業形態演習 
【授業の概要】
総合人間栄養学特論にて学修した領域において根幹をなす資料や最新の知見につい,て学生自ら関連する論文や資料等を収集し,それらを担当教員とともに講読し,内容について議論を重ね,特論で学修した知識を深化させるための授業である。
【到達目標】
食・栄養に関わる高度職業人として,実務・研究を遂行,発展させる上で出現してくる新たな課題に対して,問題点を正しく理解し,その解決法を自ら探究することができる能力を養うことが本授業の目標である。
【授業計画】
 各担当教員によるオムニバス方式で授業を運営し,以下のテーマについて演習を行う。
(1) 各ライフステージにおける栄養管理について事例検討を行う。
(2) 食育にかかわる各種栄養政策について,それらの立案の根拠となった研究成果や資料等について講読し,議論しながら理解を深める。
(3) 各種疾患の栄養療法の実際について,消化管ホルモンの消化,吸収に対する作用をふまえながら関連論文を購読し,議論しながら理解を深める。
(4) 脂質代謝異常によってもたらせる各種疾患(NASH,脂質異常症等)の栄養療法に関するガイドラインの根拠とされるエビデンスがもたらされた研究成果についての最新の論文を講読,議論しながら,栄養療法についての理解を深める
(5) 体温調節機構およびそれに対する各種栄養素,運動等影響に関する最新の論文を購読し,議論しながら理解を深める。
評価の方法 種別 割合 評価規準・その他備考
授業への取り組みの姿勢/態度 40 % 授業内の質疑応答から評価する
レポート 30% 課題レポートを評価する
小テスト 30% 達成度を評価する
定期試験
その他
自由記載
【受講の心得】
常に積極的に自主学習する気構えを持ち,授業に出席すること。
【授業外学修】
毎週最低4時間は演習内容の予習復習を行うこと
使用テキスト 自由記載 特に定めない。科目担当者の指導を受けること。
参考書 自由記載
【担当教員の実務経験の有無】
【担当教員の実務経験】
管理栄養士・医師として医療機関や自治体において人々の健康づくりに関する業務に従事
【担当教員以外で指導に関わる実務経験者の有無】
【実務経験をいかした教育内容】
高度専門職業人として実際の臨床の現場や健康増進のための栄養教育等の業務を遂行する上で,有用となる内容を学修できるように留意する。