中国短期大学 令和4年度(2022年度) シラバス
授業科目名生活支援技術I サブタイトル 授業番号HW215
担当教員名名定 慎也  
対象学部・学科総合生活学科  単位数2単位 
開講年次1年 開講期前期 
必修・選択選択 授業形態演習 
【授業の概要】
生活支援技術Iでは,尊厳の保持や自立支援,生活の豊かさの観点から,本人主体の生活が継続できるよう,根拠に基づいた介護実践を行うための知識・技術を修得する学修とする。
ICFの視点を生活支援に活かすことの意義を理解し,自立に向けた居住環境整備,移動,身支度,食事ついて基礎的な知識・技術を学ぶ。
【到達目標】
(1)ICF の視点を生活支援に活かすことの意義を理解し,生活の豊かさや心身の活性化のための支援について理解できる
(2)自立に向けた居住環境の整備について理解することができる
(3)自立に向けた移動・身じたく・食事の介護を理解することができる
なお,本科目はディプロマポリシーに掲げた学士力の内容のうち,<知識・理解><技能>,<態度>の修得に貢献する。
【授業計画】
第1回:生活支援の基本的な考え方
第2回:生活支援におけるICFの視点
第3回:生活支援とチームアプローチ
第4回:自立に向けた居住環境の整備(1)
第5回:自立に向けた居住環境の整備(2)
第6回:自立に向けた居住環境の整備(3)
第7回:自立に向けた移動の介護
第8回:杖歩行介助(1)
第9回:杖歩行介助(2)
第10回:車いすの介助(1)
第11回:車いすの介助(2)
第12回: 生活とバリアフリー(公共施設での支援)
第13回: 安楽な体位と体位交換(1)
第14回:安楽な体位と体位交換(2)
第15回:移乗の介護(1)
第16回:移乗の介護(2)
第17回:福祉機器・福祉用具を活用した生活支援(1)
第18回:福祉機器・福祉用具を活用した生活支援(2)
第19回:自立に向けた身じたくの介助
第20回:整容の介助(1)
第21回:整容の介助(2)
第22回:自立に向けた食事の介護
第23回:食事の介護(1)
第24回:食事の介護(2)
第25回: 自立に向けた口腔ケア
第26回: 口腔ケア(1)
第27回: 口腔ケア(2)
第28回: 実技試験に向けて(ベッドメイキング・ボディメカニクス)
第29回: 実技試験
第30回: 生活支援技術の基本的理解・まとめ
評価の方法 種別 割合 評価規準・その他備考
授業への取り組みの姿勢/態度 10% 意欲的な受講態度・実習の姿勢・協力,予・復習状況を評価する。
レポート 10% 実習記録において目的・実施内容・考察等適切に記述できているか評価する。
小テスト 20% 事例に沿った生活支援技術が実施できるか評価する(実技試験)
定期試験 60% 授業の内容が理解できているか評価する
その他
自由記載
【受講の心得】
・本科目は主に演習形式で行い,各生活支援技術の意義・目的・介助方法等理論を学び,実習室での実習で技術を修得していきます。
・しっかりと予習・復習し授業中は積極的な行動を求めます。
・利用者の人権および生命を守るという意識を持ち,緊張感を持って取り組んでください。
・利用者・介助者双方にとって安全・安楽・安心を意識し,利用者の尊厳の保持し,自立支援ができるようにしましょう。
・国家試験対策も含めて講義を展開するので,各自,国家試験対策にも目を通すようにしてください。
【授業外学修】
1.予習として,教科書のうち,講義内容に関わる部分を読み,疑問点を明らかにする。
2.復習として,授業後は授業で扱った資料と教科書を照らし合わせ復習してください。
3.実技は「1回見た,1回した」だけでは身につきません。実習で実際に利用者支援をする際,不安のないようにしっかり練習してください。
4.実習記録の課題を出します。感想を書くだけでなく,根拠を元にしっかり考察できるように参考書を見ながら作成しましょう。提出期限をしっかり守ってください。
短期大学設置基準では1単位の修得に必要な学修時間は45時間と定められている。 
本講義では,時間外学修時間として,予習・復習で60時間とする。週4時間程度の授業外学修が必要となっている。
使用テキスト 書名 著者・編集者 出版社 定価 ISBN
最新介護福祉士養成講座 6 生活支援技術I 中央法規 2,200 978-4-8058-5766-3
最新介護福祉士養成講座 7 生活支援技術II 中央法規 2,200 978-4-8058-5767-0
自由記載 介護福祉士養成テキスト
参考書 自由記載
【その他】
実習日は実習服,室内シューズを持参してください。
頭髪・つめ・装飾品等介護が行える身だしなみを整えてください。
【担当教員の実務経験の有無】
【担当教員の実務経験】
高齢者施設・障害者施設(介護福祉士,社会福祉士,介護支援専門員)
【担当教員以外で指導に関わる実務経験者の有無】
【実務経験をいかした教育内容】
高齢者施設や障害者施設での経験を活かし,介護現場の現状を伝えながら,基本的知識・技術を学習し,介護福祉士に求められる実践的能力を身につけるように指導する。